2017・03
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ >>
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2009/02/12 (Thu) 野菜の学校 『小松菜編』

komastu (1)21 NPO法人野菜と文化のフォーラム主催の『野菜の学校』に参加してきました腟究

テーマは 小松菜

去年の夏、おいしい小松菜って?
と、品種や栽培方法を調べていたため思い入れが深い野菜です。


komastu20.jpg 恒例の食べ比べの後は、グループ討議。

  『10年前の小松菜と味が全然違う』

  『甘けりゃいいってもんじゃないでしょう』
  『小松菜独特のクセのある味が好き』

  『食べやすいほうがいい』


komastu (2)22もとは東京周辺の地方野菜

東京出身の方のほうが、独特のクセのある
小松菜を好んでいたような気がしますが、
人によっておいしいと感じる要素や好みは
ほんとにいろいろじー

夏に自分が求めていた


  ~うまみがあって、生でも食べられる
  柔らかさ、甘味があって小松菜らしい風味がある小松菜~

“小松菜らしい”って何?と、疑問まで湧いてきましたしっかり学習しましょう!

小松菜一筋 三十年というような農家さんは、

きっと自分が、これだ!と思う小松菜を作るために
何十、何百との小松菜を食べ、作り続けてきたんだろうな

スポンサーサイト

野菜の学校 | trackback(0) | comment(2) |


2008/12/08 (Mon) 里芋 ≠ 和風

DSCF0364_convert_20081207203854.jpg里芋と帆立のスープ

①細切りした長ネギを
バターで炒め、

②あらかじめ切り、水に
浸しておいた里芋を加える。

③帆立の貝柱(缶詰)、
牛乳を加え20~30分煮込む

⑤塩で味付け。完成です育児 離乳食

先日の野菜の学校で教えてもらったレシピスマイル

  里芋は和風。里芋といえば煮物!

と思っていましたが、もっともっと色んな料理に使えるんですね。

加えた調味料は塩だけなのに、さといも効果も加わって、
濃厚スープが簡単に作れましたにこり

野菜の学校 | trackback(0) | comment(4) |


2008/12/07 (Sun) 野菜の学校 『さといも』編

DSCF0360_convert_20081206211751.jpg
祖父が栃木で作って
いることもあり、
小さい頃から
馴染み深い野菜婆さん笑う
 
 『くびれがなく、
 きれいな縞模様を
 選びましょう』


美味しい里芋の選び方
を学んだ後は、恒例の食べ比べ。

‘土垂(どたれ)’’八つ頭’‘海老芋’‘筍芋’など、
里芋にもたくさんの品種があるんですねじー


里芋の生産量は我が地元、千葉県が全国一位です。

DSCF0358_convert_20081206211916.jpg

食べ比べでは同じ品種でも、千葉産と埼玉産の味の違いなども比較しました。

周りの方の意見を聞くたびに、

 (評価がいまいちだと) 
  『頑張れ千葉!』

 (好評だと) 
  『さすが千葉!』

地元愛炸裂。
公正な目(舌)で評価できない状態でしたごにょごにょ

野菜の学校 | trackback(0) | comment(2) |


2008/11/11 (Tue) 野菜の学校 『かぶの味』編

品種ごとの食べ比べ。
DSCF0338_convert_20081111183400.jpg 調理法は
   生
   塩もみ
   煮物
 の3種類でした。

 同じ‘カブ’という野菜であっても、品種ごと・調理ごとに評価が大きく変わるのは面白いですねじー

例えば、
 千枚漬けに使われることで有名な『聖護院』というかぶ。

生→塩→煮物と、手を加えるごとに良さが薄れてしまうという意見。

また、有機肥料や栽培方法にかなりこだわって作ったというカブと、
広く流通しているいつものかぶの食べ比べのときには、

  『こだわりのものは、確かにおいしい。
  けど、値段が1.5倍したら買わないかも』

という声もありました。

調理法も含め、何を選んで、どうやって食べるのか
選択することはたくさんあるなと思いました。


 

野菜の学校 | trackback(0) | comment(4) |


2008/11/10 (Mon) 野菜の学校 『かぶの品種 編』①

DSCF0330_convert_20081110174129.jpg
NPO法人野菜と文化のフォーラム主催の『野菜の学校』に参加してきました腟究

テーマは かぶ

  色、味からして、
  大根とは兄弟くらい
  近いんだろうなと、
  思っていたのですが、

 大根はアブラナ属ダイコン科
 かぶはアブラナ属アブラナ科

かぶは大根よりも、同じアブラナ科の白菜や水菜のほうが近いんですねじー



(↓写真左から)
ルタバガ
飛騨紅かぶ
日野菜かぶ(一番右の細いやつ)


DSCF0323_convert_20081110175253.jpg


たくさんの品種がありましたが、かぶは肥料や作り方で味がまったく変わるため、
品種特性がどれだけ出ているか、未知の部分も多いそうです

 『不思議なやつめ』

と思ってみていると、不思議と形までもあやしく見えてきてました。

次回は食べ比べ・・・味について書きたいと思います絵文字名を入力してください

野菜の学校 | trackback(0) | comment(4) |


| TOP | next >>

Calendar

<05 | 2017/03 | 06>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク



このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

プロフィール

yassai

Author:yassai
渡邉友美

千葉県生まれ。
2008年、埼玉県小川町の農家に弟子入り。
2010年4月、千葉県多古町にて新規就農しました。

「野菜が持つ不思議さや楽しさを伝えていきたい」
「ずっと地球と遊んでいたい」
という想いから、環境にも身体にも負担をかけない農法を目指しています。


自然を相手に接していると、自分が大切にしたいものが
見えてくる気がします。

好きな
 【食べ物】 
あずき、おから、
だんご、かぼちゃの煮物
 
 【映画】
トイ・ストーリー
ライフ・イズ・ビューティフル
 
 【場所】
海、芝生の上
 
 【イベント】
○○パーティ・大会・祭りと名のつくもの
      

一言

素材のおいしさを
さらに引き出すため、
料理も頑張ります!       

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。