2008・07
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ >>
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2008/07/31 (Thu) 生で食べれる野菜達

さらなす ・ かぼちゃ
といえば

加熱して食べるもの

と思ってましたが、生で食べれる種類のものがちゃんとあるんですね絵


DSCF0266_convert_2008073117161.jpg奈良県の広陵サラダ茄子

アクが少ない生食用の茄子。

サクサクとした食感で
みずみずしい!!
すごく甘く、フルーツを
食べてるようでした。

DSCF0268_convert_20080731171701.jpgコリンキー

生食用に改良されたカボチャ。

かぼちゃの‘硬い皮’とはかけ離れ、
サクッと切れたので
『今自分はマンゴを切ってるのか』

と勘違いしそうでした。


野菜の色、形もそうですが、今まで自分が思っていた『普通』の野菜は
ほんの一部で、野菜の世界ってほんとに奥が深いですね

レシピは続きから⇒

スポンサーサイト

未分類 | trackback(0) | comment(9) |


2008/07/29 (Tue) 正真正銘 白いなす!

DSCF0264_convert_20080729204920.jpg写真左のなすも
『白なす』とも言われていますが・・・
今回はほんとに‘白いなす’

皮が厚いのか、
つるつるとしていて
張りのある触り心地でした

並べてみると
水風船みたいですね絵

カラフルになるかも!?と思い、
DSCF0267_convert_20080729213906.jpg3色煮びたしに挑戦

煮過ぎてしまい、
もはや煮びたしではなかったのですが、
やっぱり食べ比べは楽しいですね

農と関わるようになって、

今まで知らなかった野菜を見たり食べたりする機会が増えました

色や味の違いがちゃんとわかるよう、



料理を頑張ろう

白なす | trackback(0) | comment(3) |


2008/07/28 (Mon) 草刈7つ道具

どおりで子供たちが何か言いたげに近くによってきたわけだ・・・


不審者!?

作業中の写真を撮ってもらって、
初めて草刈をしている自分を見ました。
IMG_5156[1]_convert_20080728202557


回転している刃にあたって飛んでくる石などから身を守るため
ヘルメット(顔ガード)やエプロンなどを身に着けます。


さらに、この日の私は
日焼け対策&草刈中の擦り傷防止に

花柄の割烹着を着ていました

快適に作業するためとはいえ、ちょっと恥ずかしい・・・

ただ、この割烹着は涼しく、ポケットも大きくてオススメです。
みんなで着れば怖くない!!(笑)

農業 | trackback(0) | comment(3) |


2008/07/26 (Sat) 初挑戦!坊ちゃんかぼちゃ

DSCF0270_convert_200807.jpg坊ちゃんカボチャ
~夏野菜詰め~


電子レンジで加熱した
カボチャの中身をくりぬき、

カレー粉で炒めたピーマン・
たまねぎ・おくら・たまねぎを詰めました。

チーズを乗せ、オーブンで
焼けば出来上がり

坊ちゃんカボチャは小さいせいか、
カボチャの味が凝縮されてるように感じます。

一皿で豪華に見えるのも、楽だしいいですね

最近、レストランでも人気が出ていると聞く坊ちゃんかぼちゃ。
1個丸ごと使った料理はやはり1人前なのでしょうか。

かなりボリュームがあり、
後半ちょっとフードファイト状態でした

次はカボチャスープも作ってみようと思います

かぼちゃ | trackback(0) | comment(4) |


2008/07/25 (Fri) 自然の力強さを感じました

今日の天気は、映画のワンシーンのようでしたki
DSCF0279_convert_20080725193909.jpg 
  辺りが急に暗くなり

  雷が鳴り

  風が吹き荒れ・・・

  何かがやってくる!


と思った瞬間、豪雨!!

その頃私は・・・




モロヘイヤを摘んでいました

雷雨の中、畑の真ん中に立つのは
恐ろしいですね!!
一目散に逃げました


最近、天気予報をよく見ます

雨がいつ降るかによって、
種まきや、肥料をいつやるか等
計画を立てますが、
なかなか思うようにはいかず・・・


予想外の天気が原因のこともありますが、
作業をもっと効率よくやるために、
いろいろ試行錯誤していかないといけないですね

農業 | trackback(0) | comment(6) |


2008/07/24 (Thu) 野菜をチェック

自然食品の店や直売所ではどんな野菜が売られているのか

価格や量は?
容器は?

を知るため、今日は店めぐりをしてきました


別の機会にブログにも書く予定ですが、
先日、群馬と長野の農場を訪問してきました。

法人でやっているところの大規模な経営に圧倒されつつも、

 『5年後、自分がどうなっていたいのか』

どちらの農場でも、責任者の方ははっきり目標を持っていて、
色々見たり聞いたりすることは大事だなと、刺激を受けてきました。

DSCF0265_convert_20080724202007.jpg←本日の買物
ミニサイズのかぼちゃ
‘坊ちゃんかぼちゃ’

かぼちゃの漬物


帰宅してから
かぼちゃばかり買っていたことに気付きました




明日試食です

農業 | trackback(0) | comment(2) |


2008/07/23 (Wed) これからのナス料理は・・・

DSCF0265_convert_20080723212139.jpgナスといえば○○

私のレパートリーは

天ぷら  味噌汁
漬物 グラタン
焼きナス

・・・かな
う~ん少ない


先日、白ナスを生かす料理
は何がいいかなとブログに書いた時に

‘しょうが焼き’

のアイデアをいただき、早速作ってみました

これからは

ナスといえばしょうが焼き

暑い夏にもぴったりです。


今日もほんとに暑く、
太陽が反射してナスが光ってました

対抗できるくらい

私の腕も汗でテカッていました。


バテないようしっかり食べねば。

白なす | trackback(0) | comment(4) |


2008/07/21 (Mon) 白ナスに色を!!

DSCF0289_convert_20080721220531.jpg別名『トロナス』とも言われる
白ナス(埼玉緑ナス)。

アクが少なく、とろっと柔らかいので
厚切りにするのがおすすめです

お馴染みの紫のナスとは
別の種類みたいな外見ですよね!

食べてみるまで、おいしいのか
ちょっと疑っていたくらいです


白ナスのパエリア

DSCF0298_convert_20080721220617.jpg味を疑っていたのに、
フライパン1個分のパエリアを
一人で完食。

それくらい、
白なすは美味しいかった!!

柔らかく、塩味が加わると
さらに食べやすかったです。

珍しい野菜ですが、広まってほしいなと思います


もっとカラフルな料理にするには、次はどうしようか・・・

何も思いつかないほど、お腹が重いです(笑)

白なす | trackback(0) | comment(2) |


2008/07/20 (Sun) スタート!

埼玉県小川町にある温泉処 “ 花和楽の湯” 
 「美肌の湯」としても有名で、平日も駐車場は車でいっぱいです 温泉

DSCF0301_convert_20080720040259.jpg 入り口に久野農園コーナーを設けていただき、18日から野菜販売がスタートしました スマイル

【販売野菜の一部】
 緑兵衛 (青なす)
 黒兵衛 (なす)
 黒さんご(きゅうり)



農家の仕事は

『おいしい野菜を作る』

で終わりではないと私は思います。



 野菜を作って、何をしたいのか

  自給自足、自然との共生、農業を“ビジネス”として捉える 等、

人それぞれ想いは違うと思いますが、

自分がどのような農業を目指すのか、
研修を通してしっかり考え、はっきり言葉にできるようにしなくては!


今は、花和楽の湯にリフレッシュや癒しを求めに来た人に
  『+ 体にもう一品のリフレッシュ』
 として、野菜を届ける存在になりたいです。
  

温泉で売り切れて、食べたくても自分の分がない!?

くらい、たくさんの人に食べてもらうのが目標です。
(目標というか、なる!!)


!?
今のうちに、味わっておこう~

農業 | trackback(0) | comment(2) |


2008/07/18 (Fri) 丸ごとピーマン

きっかけはこの一言でしたひよこ

  『ピーマンて、冷蔵庫につい残りがちな野菜だよね』


たしかに!!


どんな料理の中でもいい味を出すピーマン。
よく使いますが、一度に大量には使ったことがなく、
いつもポジションは名脇役でしたピーマン


それならば!!

と、本を参考に 
『ピーマン 丸ごと煮』を作ってみました。

DSCF0291_convert_20080718194935.jpg ごま油で炒めてから、

 水・醤油を加え、
 水気がなくなるまで煮ます。


独特の苦味を残しつつ、
おいしさの詰まった

主役としてのピーマンは
さすがでした。


生まれて初めて、ピーマンの種とヘタも食べました。

本でもピーマンを丸ごと使っていましたが、
いつも捨ててるだけに『いいのかなぁ』と思いながら完食。

種もヘタもやわらかく、とろっとしてました。


野菜に捨てるとこは、ほんとはないのかもしれませんねスマイル

未分類 | trackback(0) | comment(2) |


2008/07/17 (Thu) 続・ 冷や汁を作ろう!

宮崎の郷土料理かと思ってましたが、
同じ名で内容の違う料理が他の地域にもあるそうです

そして・・・見つけました。


『埼玉の冷や汁』
DSCF0286_convert_20080717200447.jpg
①ゴマ、味噌をすり混ぜる 
(好みで砂糖も)

②きゅうりの輪切りを加え、
水分が抜けしんなりするまで混ぜ

③冷水で少しのばす。

④冷やしうどんのつけ汁
として食べる

もともとは農民の生活の知恵から生まれた料理

夏の重労働を行う時、時間や食欲のない時でも
充分な栄養補給や体力回復のため、

簡単においしく食べられる料理として伝承されていたそうです


きゅうりには‘体を冷やす効果’ もあり

さっぱりしていて夏メニューにおすすめ

‘農民’と聞くと・・・

今年の夏、自分が頻繁に食べる気がしてなりません

食事 | trackback(0) | comment(2) |


2008/07/16 (Wed) 冷や汁を作ろう!

DSCF0269_convert_20080.jpg冷汁・・・

冷たい味噌汁に
きゅうりが入っている!?
びっくり

未知の料理!

そんなイメージでしたが

TVで冷汁が紹介されているのを見て、急に食べてみたくなりました。

イメージだけで作った冷汁。
  材料: きゅうり・魚(鮭)・味噌・しょうが・冷ごはん
 
  作り方: ただ混ぜただけ
 
  感想: 『きゅうりと味噌って合うんだな~しゃきしゃきしてるし美味しいな


食後に、ちゃんとしたレシピも知っておこうと調べたところ

 ①すり鉢でよく擂った魚肉とごまに味噌を練り込み、炭火で焼く。
 ②焼くことにより味噌の強さを押さえ、魚肉や他の具材とのバランスをとりつつ、
 ③ただの「冷えた味噌汁」から「冷汁」という料理に昇格

とありました。(詳しくはこちら⇒冷汁

つまり、私は最初のイメージ通りの

『冷たい味噌汁にきゅうりが入ってる』料理を作ったことが判明びっくり

DSCF0264_convert_2008071620.jpg
・・・知るって大事ですね

食事 | trackback(0) | comment(2) |


2008/07/15 (Tue) 野菜について思うこと


 『ホレボレする豆だなぁ
 こんな豆見たことがない』



畑に最近、手伝いに来てくれているおじさんの
いんげん収穫中での一言です青ハート

農家に弟子入りしてから、昨日で3ヶ月経ちました。

 
   野菜の成長が早く、私としてはまだまだ

   野菜が自分でじゃんじゃん大きく育っている感覚ですが

   作っている野菜へのほめ言葉はやっぱり嬉しいですね



収穫までにやった作業を思い返すと、

『いろいろやってきたな』

と思い、

『ようやくできた野菜を味わってたべないとな』DSCF0215_convert_20080715211745.jpg と、



畑から腹ペコで帰ってきて、

食欲にまかせがっついて食べた後

いつも思うのでした。



今日は親子丼

味の濃いいんげんは、しっかり存在感をアピールしてました。


農業 | trackback(0) | comment(2) |


2008/07/14 (Mon) 巨大おくら 

DSCF0270_convert_20080714204512.jpg鉛筆大のおくら
出没鉛筆

すぐに大きくなるおくらの
収穫は毎日あります

採り忘れのないように
しているのですが・・・





葉っぱの影で大きくなっていましたwaaaai

大きさはいつも収穫しているおくらの2倍以上

ちょっと硬いけど、まだ食べられるので持って帰ってきました

DSCF0271_convert_20080714.jpgおくらとナスの素揚げ

オニオンスライス
かつおぶし
ポン酢風鈴


ナスと同じくらいの
大きさのおくらも
素揚げにしたらやわらかくなり


食べ応えたっぷりでしたスマイル

お腹は大満足でしたが、

明日は葉っぱの影までしっかり見なくてはじー

おくら | trackback(0) | comment(4) |


2008/07/12 (Sat) 麦わら積み込み中

積むのって意外に難しい赤色の車・・・
DSCF0220.jpg
(↑写真はロープで固定中)

いい加減に乗せれば雪崩が起きるので
しっかり並べます。


  3匹の子豚!?(わらの家は長男だったかな)


次に、上のほうはよく見えないので
高く積んだ麦わらの上に乗り、並べました。


  ハイジ!?

物語気分になりつつの作業でしたが、実際は汗だくでした(笑)



 保湿、保水の効果や泥はね防止の役割をする麦わら

 きゅうりやナス・トマトの苗の下に敷きます。


・・・自分も寝転がったら気持ちよさそう

ひそかにたくらんでます絵文字名を入力してください


農業 | trackback(0) | comment(2) |


2008/07/11 (Fri) 自分の一部

DSCF0203.jpg畑で持ち歩いている剪定バサミ

先日、久野ファミリーから
いただきましたプレゼント

なぜだか一人前になった気分になり、
収穫する足も軽やかですスキップ


ただ、

私はすぐ調子に乗るタイプなので

ナスの枝と間違えて
支柱のコードを切ってしまいましたえぇ
(修復しました



道具というのは不思議ですよね。

新しいもののほうが、よく切れたり性能がよかったりしますが、

使えば使うほど
手に馴染み、自分の一部のようで
簡単に捨てられなくなります。

長く相棒として活躍してくれるよう
手入れをちゃんとしなくては。


そういえば・・・

自分の一部(作業着の一部)となっていた
携帯電話を作業着と一緒に洗ってしまいました泣く
目覚ましとして、屋外(畑)の時計として活躍してくれていたのに・・・
復活するかな~

農業 | trackback(0) | comment(4) |


2008/07/10 (Thu) オクラメニュー 研究中

DSCF0217_convert_20080710115933.jpgいんげんとオクラのぺペロンチーノ

いんげんの歯ごたえと
にんにくと唐辛子

・・・食欲増進です絵文字名を入力してください

ただ、唐辛子を入れすぎたため
かなり辛くなってしまい、

急きょおくらを刻み、
醤油で和えたものを加えました。

独特のねばねばは、味がマイルドにもなるし、
パスタソースや何かのタレ(模索中)にも合いそう電球

これから

何にでもおくらを上にかける生活が始まる気がします(笑)

DSCF0220_convert_20080710120153.jpg
先日参加した、『野菜の学校』
赤おくらが紹介されていました。
 
加熱すると色は緑になります。

まだ小さいですが、畑でも栽培中芽

赤おくら使えば
彩りもきれいになりそうですね

おくら | trackback(0) | comment(2) |


2008/07/09 (Wed) 新鮮な証

最近、収穫の時に

  『見つけた!!』

と、ぱっと実を掴んで痛い目にあうことが多いですボウシインコ

DSCF0215.jpg DSCF0213.jpg

















原因は野菜のトゲでしたハチ

よく見ると

ナスのヘタにトゲが!!
キュウリの表面には、ざらざらした感じの細かいとげがびっしりありました。


 『いぼがしっかり硬いきゅうりは新鮮な証拠』

と聞いて、今までスーパーで選んでましたが、

採れたてはさらに
いぼの先(表面?)にとげまであることを知りましたスマイル

私たちが食べているきゅうりは未熟な実

本来きゅうりは種が熟すまでは、食べられたくないため
とげとげをつくって自分の身を守っているのだそうです。


とげは野菜の知恵なんですね


痛くても、採れたてきゅうりをかじってみたいですjumee☆loud laugh1

自分の身を守るため


私の手のひらは厚くなっていくのだろうか男マエ

農業 | trackback(0) | comment(3) |


2008/07/08 (Tue) なすと農業の魅力

DSCnasuF0216_convert_20080708211438.jpg
←白ナス

ナス=紫 ナス

のイメージの日本に対し、白いナスが一般的で、
紫のナスを気持ち悪く思う国もあるそうですじー

今まで自分が‘普通’と思っていたことは、

地域や文化、ほんの少し何か条件が違うだけで
‘普通’ではなくなるんですねfight


最近ブログを通して、アメリカ在住の方と知り合うことができました。
カリフォルニアの生活や野菜の様子を聞くのが楽しみの一つですスマイル
(ブログはこちら⇒カリフォルニアでワハハ生活


同じ『野菜』であっても

食べ方や色、形、売られている種類が違うことも
驚きであるし、野菜って奥が深い!!

気候や条件によっては、自分で作ることもできる農業は
やっぱり楽しいなと思います富士山

それに・・・

人前にはなかなか出てこなそうな
『思慮深そうなナス青年』にも畑では出会えます
D20080708211632.jpg

農業 | trackback(0) | comment(4) |


2008/07/07 (Mon) 野菜の学校

テーマは『かぼちゃとおくら』
DSCF0229_convert_20080707040924.jpg←写真左から
(西洋カボチャ) 
 みやこ
 ETかぼちゃ
 ダークホース

(日本カボチャ)
 黒皮

 坊ちゃん(西洋)


今回は品種ごとに蒸したものと、煮物の食べ比べをしました。
人によって感想は様々で、
調理方法や味付けでも評価が違うのは面白いですね。


八百屋さんの一言
 『日本カボチャと西洋カボチャを比べることはできないよ。
 それぞれに美味しい食べ方があって、
 日本カボチャは‘おだし’を効かせた料理じゃなくちゃ』


なるほど!!

蒸した日本カボチャは西洋に比べ水っぽく、瓜の味がしました。

私は日本カボチャ初体験だったので、
『こういう味なんだな-』と、かみ締めていたところ


講師の方の一言
 『今回の日本カボチャの味は忘れてください(笑)。
 ちょっと未熟だったので、ほんとはもっと美味しいんですよ』





えっ!?




今度は、おだしを効かせた、
おいしい日本かぼちゃを食べてみたいと思います

珍しいカボチャにも出会えました↓
DSCF0219_convert_20080707041145.jpg  DSCF0216_convert_20080707041239.jpg

野菜の学校 | trackback(0) | comment(4) |


2008/07/05 (Sat) モロヘイヤとじゃがいもの和え物

DSCF0224_convert_20080705053735.jpg
 モロヘイヤは熱湯でさっと茹で、
水にさらします。
 
 刻んだモロヘイヤと
 茹でたじゃがいもを
塩・こしょう・醤油で和えました。


モロヘイヤとじゃがいもがよく絡み、とてもおいしいですスマイル

モロヘイヤ料理初挑戦。
茹でて水にさらした時の“ねばねば・とろとろ”にテンションが上がり、



『うひょ-』


と雄叫びをあげそうになりました(笑)

モロヘイヤは健康野菜として、よく耳にすることがありましたが、
私は見たことも食べたこともなかったため、
畑に生えていることを昨日知りました。

というより・・・雑草かと思ってた。


しかし!!

調べれば調べるほどすごい野菜なんですね!!

別名 『王様の野菜』王冠

どんな薬を飲んでも治らなかった古代エジプト王様の難病が、
モロヘイヤのスープで治ったとかピラミッド

じゃがいも | trackback(0) | comment(2) |


2008/07/04 (Fri) にんじんリゾット

convert_20080704100343.jpg ミキサーですりおろした人参を
たっぷりいれましたにんじん

 【材料】
    米
    トマト
    たまねぎ
    ピーマン

    コンソメ
    塩・こしょう
    バジル

最初はバジルは入れる予定はなかったのですが・・・

トマトの酸味も塩も打ち消されるくらい、にんじんの甘みがすごかったじー
スパイスやハーブって味にパンチが出ていいですねjumee☆shootingstar1


今回、2種類の人参を使いました。
すりCF0213_convert_20080704100446 後DSCF0216_convert_20080704100548

すりおろすと、味の違いがすごくよくわかりますスマイル

人参独特の香り(人参臭さ?)は、生で食べるのは好きですが、
ジュースにはないほうがいいのかなと思いました。

これから人参の種蒔きが始まります。
参考になりそうです電球

にんじん | trackback(0) | comment(2) |


2008/07/03 (Thu) ベビーコーン収穫

vert_20080703120610.jpgベビーコーンて、

大きいスイートコーンを作るために
間引きした副産物なんだそうですコーン

一番上の穂を残して、
間引きしていきます。



t_20080703121906.jpg今まで水煮や缶詰でしか
食べたことがなかったのですが、

新鮮だし、生でも食べられるかな

と思い、かじってみると

あまくて柔らかく、
ぽりぽりとしていておいしい

最近、何でも生でかじるようになってきたました(笑)

244_convert_20080703121824.jpgちなみに・・・
 『とうもろこしのひげは
 むくみや夏バテに効く
 りっぱな漢方』

と知り、これから2~3日干して
茶を作ってみますタンクトップ


野菜の皮やひげ等、外側も安心して使えるのも、
無農薬のいいとこですねお茶

とうもろこし | trackback(0) | comment(4) |


2008/07/01 (Tue) おくらの真実

okura3_convert_20080617204407.jpg6月17日の記事(上へ上へ)で、
おくらの実について書いたところ・・・


 これが実はつぼみだった
ことに最近気付きました。

・・・考えてみれば花を見てなかったのですが、


おくらの奴め、
すでにこっそり花を咲かせていたのだな絵文字名を入力してください

と安易に考えていた私・・・誤解を招いてすいませんjumee☆sweat1Rr

↓ 花が咲き・・・
02_convert_20080701111309.jpg

_convert_20080701111309.jpgこれが実でした!

ちゃんと調べないとな医者


種子を完熟させ、炒って粉にすると、
「コーヒー豆」の代用品になるとか。

コーヒー栽培に適さない
イギリスやフランスでは、
珍重されていた時代もあったらしい。

上に向かって伸びる姿

種・・・

おくらは私にとってはまだまだ
不思議いっぱいです王冠

おくら | trackback(0) | comment(4) |


| TOP |

Calendar

<06 | 2008/07 | 08>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク



このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

プロフィール

yassai

Author:yassai
渡邉友美

千葉県生まれ。
2008年、埼玉県小川町の農家に弟子入り。
2010年4月、千葉県多古町にて新規就農しました。

「野菜が持つ不思議さや楽しさを伝えていきたい」
「ずっと地球と遊んでいたい」
という想いから、環境にも身体にも負担をかけない農法を目指しています。


自然を相手に接していると、自分が大切にしたいものが
見えてくる気がします。

好きな
 【食べ物】 
あずき、おから、
だんご、かぼちゃの煮物
 
 【映画】
トイ・ストーリー
ライフ・イズ・ビューティフル
 
 【場所】
海、芝生の上
 
 【イベント】
○○パーティ・大会・祭りと名のつくもの
      

一言

素材のおいしさを
さらに引き出すため、
料理も頑張ります!       

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。