2010・03
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ >>
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2010/03/29 (Mon) サクラサク

DSCF0496552.jpg

川沿いのソメイヨシノももうすぐ開花。


今日は、祖父の3回忌でした。

どうして、私はこんなに忘れっぽいんだろうか

昼に聞いたお坊さんの話を、


  いい話だなぁ。あとでブログにも書こう!

と、思いパソコンに向かってる今、
イメージしか覚えてないことに気付きました。


 『いつか、目を覚まさない朝が来る。

  親、兄弟、友人というつながりが、

  今、存在しているということは、すごく貴重なこと』


・・・こんな感じの事を言っていたような。


つい後回しにしがちで、ずっと連絡をしないでいることもあるのですが、
人とのつながりって、大事にしていていきたいなと思いました。

スポンサーサイト

きっかけ | trackback(0) | comment(0) |


2010/03/24 (Wed) 豆を絶賛する人々

 『こんな立派な豆見た事ねぇ』

畑に手伝いに来てくれたおばあちゃんや、


 『ほんとにこの豆はかわいくて』

通っていた大学の教授の影響のせいなのか、



DSCF0497551.jpg

最近、豆のとりこです


↑近くの豆腐屋で見つけた 『くらかけ豆』。

おはじきを思い出す形ですが、生でかじってみると青のりのような味がしました。
お店の人に教えてもらったおすすめ料理のおひたしを、近々作ってみようと思います

| trackback(0) | comment(2) |


2010/03/23 (Tue) 運命・・・?

ある日、父さんがごみを拾ってきました。

 『落としてたぞ』

と、テーブルに置いたものは


DSCF0490550.jpg
ゴーヤの種の空袋。

これは・・・



私のではないです


袋が落ちてたのは玄関ドアの前。

父に聞いたところ、かばんから鍵を取り出す時にでも落としたのかと思ったそう。

通りの道から、少し奥まったところに玄関はあります。

 
  『ゴーヤを作りなさい』


何かのメッセージかもよ!?

盛り上がった私と父によって、全然作る予定のなかったゴーヤを栽培することが決まりました。



きっかけ | trackback(0) | comment(2) |


2010/03/20 (Sat) 仙元山見晴らしの丘公園にて

 『小川町での2年間が詰まった景色』

DSCF0475548.jpg

・・・大げさに言ってみました267335[1]

いつも買い物しているスーパーも、
車で走っていた道も全部ここから見ることができ、

山で囲まれた小さな町だけど

 思い出はたくさん、一つ一つの場所にあるなぁとか、


山で囲まれた小さな町なのに

 まだ行ってない場所があったなぁとか、しみじみしてしまいます。



引越しまで一か月を切りました。
  

独立へ | trackback(0) | comment(0) |


2010/03/19 (Fri) 桜満開

寒い寒いと思っていたのに、

いつのまにか小川町にも桜が咲き始めました

DSCF0482545.jpg

なんていう桜なんだろ、と思い調べてみたのですが、
日本には600以上の桜の種類があるんですね

DSCF0483546.jpg
予想では・・・寒桜の種類でしょうか?

DSCF0476547.jpg

花見をするおばあちゃんたち。

憧れです

きっかけ | trackback(0) | comment(0) |


2010/03/16 (Tue) 新規就農

  『農家になるには何をすればいいんだろう』


何から始めればいいのかわからなかったあの頃から

あっという間に2年が経ち、今年の4月から

千葉県の多古町で畑を始められることになりました。

DSCF0474543.jpg
↑畑の写真その1 ※軽トラなどは私のではありません

DSCF0472544.jpg
↑畑の写真その2

売り先を紹介していただけるというお話をいただいたり、
様々な方のご協力のおかげで、不安よりもワクワクが強くなってきました。

わからないことだらけのスタートですが、

毎年、毎日変わる野菜や畑や自然の変化を伝え、

楽しんでもらえる農園にしたいなと思います。


これからもよろしくお願いいたします






ところで、まだ農園の名前が決まっていません


独立へ | trackback(0) | comment(10) |


2010/03/15 (Mon) イカ料理

【イカと里芋の煮物】

DSCF0484542.jpg
① 煮立てた煮汁(水・しょうゆ・みりん)に切ったイカを入れ、再び煮立ったらイカを取り出します。
 
 ※煮汁にイカエキス(?)を出したいのですが、
 そのまま煮てると硬くなってしまうため、
 一度鍋からは取り出します。 

② 人参・里芋を1の鍋に入れ汁気が少なくなるまで煮ます。
 (最初の煮汁の量は人参・里芋がほぼ被るくらい)

③ ②にイカを戻し、さっと煮て完成。


水産卸の会社で働いていた頃に学んだイカに関する知識はすっかり抜け、
自分の記憶力を残念に思った昨日でしたが、

   ~イカは煮すぎると硬くなる~

これだけは覚えていたことに、ちょっとほっとできました

食事 | trackback(0) | comment(0) |


2010/03/14 (Sun) するめいかとスティックブロッコリーのカレー炒め

ふと立ち寄ったスーパーで、イカが大安売りで並んでいました。

   『イカの旬の時期だったかな

ぼんやり考えながらも、イカを3杯購入。

以前水産卸の会社で働いていた時にはあんなに気にしていた魚の旬を
こんなに忘れてしまっていたとは・・・

調べてみたら実際のするめいかの旬は夏だったのですが、あの大量のイカは・・・
たまたま大漁だったのでしょうか
DSCF0493541.jpg
【するめいかとスティックブロッコリーのカレー炒め】

(材料)
イカ 1杯
スティックブロッコリー 5本位

カレー粉
塩・こしょう
マヨネーズ

(つくり方)
塩ゆでしたスティックブロッコリーとイカを炒めます。


季節ごとに変わる食材の変化に、敏感でありたいなと思いました。

食事 | trackback(0) | comment(0) |


2010/03/11 (Thu) 豚肉のサラダからし菜の炒めもの

DSCF0477540.jpg
【豚肉のサラダからし菜の炒めもの】

材料:
豚肉、サラダからし菜
塩、コショウ、にんにく

普段はベビーリーフとして、小さいうちに摘み取ってしまうサラダからし菜。  

見た目は水菜に似ていますが、小さくてもピリリと辛く、葉野菜なのにモサモサした独特の食感が大好きです


DSCF0473538.jpg
 
 肉と炒めたら絶対美味しい!!

と思い、ハウスの隅っこで大きくなってなっていたからし菜を摘み取ってきたのですが、・・・炒めたら辛味が弱まってしまいました

  『素材を生かす』

ってよく聞きますが、難しいですね。


炒めた肉と生のサラダからし菜を一緒に食べればいいのかも

葉野菜 | trackback(0) | comment(0) |


2010/03/10 (Wed) 雪と千葉県生まれ

雪がちょっとでも降ると、電車が止まり、
学校は休みになることもしばしば。

それを期待して、遅刻してでも連絡網がまわってくるのを家で待つ私

そんな学生時代を千葉で過ごしていたためか、
雪はすごく珍しくて、貴重なものでした。
IMG_0178537.jpg
↑積もり始めの雪

壊さないように、踏む面積を少しでも小さくするために、
つま先歩きをしていたあの頃でしたが

IMG_0174535.jpg

これだけ降ったらもう珍しくもなくなりました

IMG_0173536.jpg
↑なんだかぺラッとめくれそうな感じの雪

今年は雪が多い気がします

農業 | trackback(0) | comment(0) |


2010/03/08 (Mon) 雑食

IMGP7027534.jpg
じゃがいもが1年越しに芽を出してみたり

レタスを押しのけ、こぼれ種から再びトマトが登場してみたりと、

畑はにぎやかです

いろんな場所にいろんな野菜が生えているので、
ふと見かけた草をからし菜かと思って今日は雑草を食べてしまいました。

クセがなくておいしかったなぁ
名前を調べてみます

農業 | trackback(0) | comment(0) |


2010/03/08 (Mon) 菜花と豚肉のペッパー炒め

【菜花と豚肉のペッパー炒め】
DSCF0501533.jpg

(材料)・・・菜花、豚肉

油をひき、豚肉を炒めたフライパンにゆがいた菜花を入れ、
塩・コショウで味付けします。

ある料理番組で、これでもかと黒こしょうを加えた炒め物を紹介していました

シェフの真似をして作ってみました



菜の花 | trackback(0) | comment(0) |


2010/03/07 (Sun) るるるの歌

あるブログで知った歌です



これから、畑で口ずさんでしまいそうな予感でいっぱいです。

きっかけ | trackback(0) | comment(0) |


2010/03/06 (Sat) 赤飯物語 最終回

~ なぜ赤飯はもち米なのか? ~

DSCF0478521.jpgDSCF0510520.jpg
こんなにまじまじと米を見たのは初めてでした

左:もち米
右:うるち米

粒が小さいもち米は、ぎっちりした感じ。

数えるのはためらいますが、同じ1合でも米粒の数はだいぶ違いそうですね

DSCF0523528.jpgDSCF0522527.jpg
左:もち米
右:うるち米

食べ比べた結果、

うるち米で作ってもいいんだなという結論に落ち着きました。

うるち米の赤飯は、あっさりめ。
もちもちしていて、食べ慣れたいつもの赤飯!という感じは、やっぱりもち米で作ったものでしたが、今度は米をブレンドして作ってみようと思ってます

もち米を使うのは、‘粘り強い’という理由で縁起物とされている、
お餅を食べる風習の名残らしい。

  うるち米だと赤くならないとか、おいしくないのでは?

と思っていたのは、疑いすぎだったようです

(完)

食事 | trackback(0) | comment(0) |


2010/03/05 (Fri) 赤飯物語 その2

そんなこんなで、赤飯初挑戦です
(いままでのあらすじ→クリック
DSCF0491522.jpg
1.研いだもち米は、かぶるくらいの水に3時間浸します

DSCF0471523.jpg
2.・・・プチプチ・・・プチ 

耳を澄ませていたら、水を吸って膨らんでいるもち米の音が聞こえました

DSCF0515531.jpg
3.豆を茹でます。
  今回は豆50gに対し、水300mlです(米は3合分)

DSCF0522532.jpg
4.弱火で約15分。かために茹でます

DSCF0526530.jpg
5.茹で汁と豆を分け、茹で汁は赤みが出るようお玉ですくいながら冷まします。

・・・と、本に書いてありましたが、
赤くなったようなならなかったような

DSCF0480525.jpg
6.炊飯器に米と茹で汁を入れ、炊きます

DSCF0514529.jpg
7.うるち米100%の赤飯1合と、もち米100%の赤飯2合

3時間米を浸したり、炊飯器が1つだったりと
6時間もかかってしまいましたが、完成です

ほんとにお腹が空きました

食事 | trackback(0) | comment(0) |


2010/03/04 (Thu) 赤飯物語 その1

ひな祭りだからか、3月だからか

はたまた

春だからなのか

DSCF0481519.jpg

買い物に行くとお赤飯コーナーをよく見かけます
赤飯も大好きなのですが、ふと疑問が。

   『なんで赤飯はもち米なんだろ』

とりあえずもち米を購入し、
うるち米ともち米の赤飯をそれぞれ炊いてみることにしました

(材料)もち米・ささげ




    ささげ=アズキ だと、


ずっと思っていました。

DSCF0469518.jpg

買ってきた後に知った事実。

ささげ豆とアズキって違う種類の豆なんですね さらに、

時は江戸時代、アズキは煮ると皮が破れやすい(腹が切れる=切腹に通じる)のに対し、ササゲは煮ても皮が破れないことから、江戸の武士の間では赤飯にアズキの代わりに使われるようになったそう。

自信満々に買ってきたあずきが300gほど我が家にあります。
余ったものは餡子も作れるので・・・よしとしました。

食事 | trackback(0) | comment(0) |


2010/03/01 (Mon) ひこまろさん

畑のあちこちで野生化した(?)小松菜や青梗菜、白菜が蕾をつけていました。

白菜も小松菜も青梗菜もアブラナ科なので、
どの花も菜の花と呼ばれます

DSCF0489516.jpg
↑白菜の葉

蕾(菜の花)をつけるようになった今日この頃、
葉っぱは肉厚になり、色も白を混ぜたような色になってきました

みずみずしい白菜の頃とは全然違う、ゴワゴワした触り心地。ですが、

火が通って少ししなっとした白菜の葉は、すごくやさしい味がします。
青梗菜をしっかりさせ、ぎゅっとさせた感じでしょうか

生長の段階で、こんなにも味って違うものなんですね。


  『どう美味しいのか』

以前、おいしいという言葉を使わずに表現できるよう
トレーニングしようと思っていましたが、


・・・未だ進歩が見られず。

DSCF0472517.jpg
↑油炒め


食事 | trackback(0) | comment(0) |


| TOP |

Calendar

<02 | 2010/03 | 04>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク



このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

プロフィール

yassai

Author:yassai
渡邉友美

千葉県生まれ。
2008年、埼玉県小川町の農家に弟子入り。
2010年4月、千葉県多古町にて新規就農しました。

「野菜が持つ不思議さや楽しさを伝えていきたい」
「ずっと地球と遊んでいたい」
という想いから、環境にも身体にも負担をかけない農法を目指しています。


自然を相手に接していると、自分が大切にしたいものが
見えてくる気がします。

好きな
 【食べ物】 
あずき、おから、
だんご、かぼちゃの煮物
 
 【映画】
トイ・ストーリー
ライフ・イズ・ビューティフル
 
 【場所】
海、芝生の上
 
 【イベント】
○○パーティ・大会・祭りと名のつくもの
      

一言

素材のおいしさを
さらに引き出すため、
料理も頑張ります!       

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。