2017・08
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ >>
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2008/09/07 (Sun) 野菜の学校 『ベビーリーフ』編

NPO法人野菜と文化のフォーラム主催の 
『野菜の学校』に参加してきました

テーマはベビーリーフ

葉物野菜を幼芽の段階で摘み取ったものです。
これから成長する、栄養素が凝縮されている状態の葉なので
ミネラル豊富、味も濃いものが多いですキラキラ(オレンジ)


ものすごい種類のベビーリーフがありました!!
be1.jpg be3.jpg









日本で一番辛いのでは?と言われていた 『紅たで』のベビーリーフ

にんじんの幼葉 『キャロットリーフ』

‘ベビー’リーフ よりさらに小さい『マイクロリーフ』 など

まだ種の殻がついてる程に小さい葉でも、味の主張が本当に強かったです。
種類も多く作る側も食べる側も楽しくなる野菜ですよねにこり

講師で来ていただいていた農園の社長のお話によると、
葉が小さかろうが量が多かろうが、収穫は全て人の手で、
はさみを使ってやっているそうです。


私の場合、まずは大雑把な性格を直さないと作れない野菜ですごにょごにょ

スポンサーサイト

野菜の学校 | trackback(0) | comment(2) |


<<モロヘイヤのカレー | TOP | ゴーヤとコーンのかき揚げ>>

comment











管理人のみ閲覧OK


 

ベビーリーフは水分も多くて柔らかく、クセはあまり無いのに一つ一つ味が違うものですよね。家で葉野菜を沢山育てていたら、サラダもカラフルで色々な形の葉を沢山使えるのでしょうけど、お店で買ってくるとなると大変です。値段も育ってしまった(?)ものより少し高いですし、ましてやミックスするとなったら出費が。。。でも栄養価を考えるとベビーリーフたちは貴重。葉野菜って虫が付きやすくないですか?これが克服できるなら、色々な種類を来年にも沢山植えてみたいと思うのですが。。。

2008/09/09 00:22 | オリーブ [ 編集 ]


 

オリーブさん
コメントありがとうございます。

畑の水菜や小松菜などは目の細かいネットでトンネルを作って栽培しています。
冬はトンネルがなくても虫が少ないので大丈夫とも聞いたのですが、夏はトンネルがないと虫たちに先を越されてしまいます(汗)

売っているサラダミックスの中身を単品ずつ買ったら高くもなってしまうし、いろんな種類を食べたい時には便利ですよね。
最近は、‘サラダミックス用’として色々な種が混ざって売っているものもあるみたいです。

2008/09/09 18:10 | yassai [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://yassai.blog39.fc2.com/tb.php/101-0515a0c8

| TOP |

Calendar

<07 | 2017/08 | 09>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク



このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

プロフィール

yassai

Author:yassai
渡邉友美

千葉県生まれ。
2008年、埼玉県小川町の農家に弟子入り。
2010年4月、千葉県多古町にて新規就農しました。

「野菜が持つ不思議さや楽しさを伝えていきたい」
「ずっと地球と遊んでいたい」
という想いから、環境にも身体にも負担をかけない農法を目指しています。


自然を相手に接していると、自分が大切にしたいものが
見えてくる気がします。

好きな
 【食べ物】 
あずき、おから、
だんご、かぼちゃの煮物
 
 【映画】
トイ・ストーリー
ライフ・イズ・ビューティフル
 
 【場所】
海、芝生の上
 
 【イベント】
○○パーティ・大会・祭りと名のつくもの
      

一言

素材のおいしさを
さらに引き出すため、
料理も頑張ります!       

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。