2017・10
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ >>
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2008/12/13 (Sat) 野菜の心

『植物は何でもお見通し』 という記事を読みました。(:農業経営者12月号)
内容をかいつまんでみました。 題して ~目撃者0.野菜殺人事件~

  『犯人は一人、ひっそりと立っていた。
  目の前には野菜の苗が二つ。そのうちの一つを踏みつけ、傷つけた!

  誰も見ていない。完全犯罪の成立だ!

  しかし、刑事が容疑者数名を残った野菜の前に順番に立たせると、
  犯人のときだけ、苗につけたポリグラフ(呼吸など、生理現象の計測機械)が
  激しく変動。

  目撃者は・・・いた!』

記事には、野菜の収量や品質に、農場で働く人たちの感情や思考が
少なからず影響しているのではないかと書かれていました。

    私は粗末に扱ってないだろうか

    『いただきます』と心から言っているだろうか

科学的に明らかになっていない部分もありますが、いろいろ考えさせられました。

野菜に嫌われたくないなぁ

スポンサーサイト

農業 | trackback(0) | comment(2) |


<<大根役者 | TOP | 何かがいる!>>

comment











管理人のみ閲覧OK


 

植物の実験って、色々な所で行われていますよね。
声をかけずに育てられた植物と、沢山話しかけられて育った植物とでも生長のしかたが違うとか聞いたことがあります。
植物だって、音(声)こそ出さないけど日々生き、成長しているんですよね。”いただきます”は植物の命をヒトの身体の中に摂り入れてエネルギーに代える感謝の気持ちから発せられる言葉です。
まだまだ人間の知らない世界が存在するんですよね。

2008/12/14 06:11 | オリーブ [ 編集 ]


 

オリーブさんこんにちは。

毎日話しかけた植物に花が咲いた、元気になったという話も聞きますよね。
収穫に追われているとつい忘れがちになるのですが、『収穫してからお客さんに届く』その短い時間の違いでさえ、美味しさに違いが出るのかもしれないなぁとも思いました。

2008/12/15 02:59 | yassai [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://yassai.blog39.fc2.com/tb.php/153-294b08d0

| TOP |

Calendar

<09 | 2017/10 | 11>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク



このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

プロフィール

yassai

Author:yassai
渡邉友美

千葉県生まれ。
2008年、埼玉県小川町の農家に弟子入り。
2010年4月、千葉県多古町にて新規就農しました。

「野菜が持つ不思議さや楽しさを伝えていきたい」
「ずっと地球と遊んでいたい」
という想いから、環境にも身体にも負担をかけない農法を目指しています。


自然を相手に接していると、自分が大切にしたいものが
見えてくる気がします。

好きな
 【食べ物】 
あずき、おから、
だんご、かぼちゃの煮物
 
 【映画】
トイ・ストーリー
ライフ・イズ・ビューティフル
 
 【場所】
海、芝生の上
 
 【イベント】
○○パーティ・大会・祭りと名のつくもの
      

一言

素材のおいしさを
さらに引き出すため、
料理も頑張ります!       

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。