2017・06
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/ >>
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2008/09/09 (Tue) 野菜の学校 『ベビーリーフ』編 ②

be.jpg
数種類のベビーリーフを混ぜ合わせた
ベビーリーフミックス
 (レタス、水菜、ルッコラ、
 ビーツの仲間、ほうれん草など)

栽培方法や野菜の種類によって
バリエーションが豊富にできます腟究


土で育てた 『土耕栽培バージョン』
培養液中で育てた 『水耕栽培バージョン』

ハーブが入った 『ハーブミックス』
赤しその入った 『和風ベビーリーフ』

その他に販売先の注文によって8cm、10cm…と収穫の大きさも変えるそうですerizabesu?

野菜の学校は、作り手のこだわりを聞ける貴重な場であるとともに
生産者・卸売業者・外食関係者・主婦・小売業者など様々な立場の方の意見も聞けます。

 
園主さんによると・・・

 『農家の立場からはどうですか?』
と司会者の方から指名されることが多々あるそう。

指名されるかも、と毎回どきどきもしていますが、
いろいろ学んでいきたいですね腟究

野菜の学校 | trackback(0) | comment(2) |


2008/09/07 (Sun) 野菜の学校 『ベビーリーフ』編

NPO法人野菜と文化のフォーラム主催の 
『野菜の学校』に参加してきました

テーマはベビーリーフ

葉物野菜を幼芽の段階で摘み取ったものです。
これから成長する、栄養素が凝縮されている状態の葉なので
ミネラル豊富、味も濃いものが多いですキラキラ(オレンジ)


ものすごい種類のベビーリーフがありました!!
be1.jpg be3.jpg









日本で一番辛いのでは?と言われていた 『紅たで』のベビーリーフ

にんじんの幼葉 『キャロットリーフ』

‘ベビー’リーフ よりさらに小さい『マイクロリーフ』 など

まだ種の殻がついてる程に小さい葉でも、味の主張が本当に強かったです。
種類も多く作る側も食べる側も楽しくなる野菜ですよねにこり

講師で来ていただいていた農園の社長のお話によると、
葉が小さかろうが量が多かろうが、収穫は全て人の手で、
はさみを使ってやっているそうです。


私の場合、まずは大雑把な性格を直さないと作れない野菜ですごにょごにょ

野菜の学校 | trackback(0) | comment(2) |


2008/08/09 (Sat) ゴーヤの秘密に迫る!

ゴーヤーといえば・・・苦味

ですが、

完熟に向かうと、種とその周りは甘くなります
DSCF0269_convert_20080809122716.jpg
ゴーヤーの和名は『ツルレイシ(蔓茘枝)』

フルーツの‘ライチ’と同じ漢字を書くのですが、

『いぼに覆われた果実の外観と完熟すると仮種皮が甘くなる』ことが
レイシ(ライチは広東語)の由来で、

ツルレイシは蔓性の植物体に実るレイシの意味だそうです

完熟すると、種が赤くなります。

白いゴーヤーを切ったら、赤い種が出てきたので、
食べながら(舐めながら)料理をしました。

甘くておいしい種もなかなか魅力的ですが・・・
買うときは未熟で、色が濃く、実に張りのあるものを選んだほうが
‘ゴーヤー’を楽しめますよね絵文字名を入力してください

野菜の学校 | trackback(0) | comment(2) |


2008/08/02 (Sat) 野菜の学校 『うり類』編

NPO法人野菜と文化のフォーラム主催の 
『野菜の学校』に参加してきました

DSCF0274_convert_2.jpg  DSCF0267_convert_20080802.jpg 
          (‘ゴーヤ’と‘うり漬物’の食べ比べの様子)

ゴーヤの苦味ように、味に特徴のある野菜は、好みも本当に分かれますね。

『何が自分にとっておいしい野菜なのか』


 自分自信で突き詰め、‘おいしい状態’を食べれるよう、
 売り場での選び方や買う時期、産地を追求していけばいいのではないか

というお話もありました

DSCF0268_convert_2.jpg
新品種 しまうり

しまうりの漬物と
白うりの漬物を食べ比べ。

パリッとした硬さもある白うりの漬物のほうが
『やっぱ‘うり’の漬物といったらコレでしょ』

と、人気がありました。

が、

私は今まであまり瓜の漬物を食べたことがなかったため
‘コレ’がわからず、

見た目の珍しさも評価にプラスされ、しまうりのほうが美味しく感じました

自分のうり歴の浅さを感じつつ、

『おいしい』は鮮度だけでなく、

普段どれだけその野菜を食べるのかなど、
色々なことが影響されるんだなと思いました。

野菜の学校 | trackback(0) | comment(2) |


2008/07/07 (Mon) 野菜の学校

テーマは『かぼちゃとおくら』
DSCF0229_convert_20080707040924.jpg←写真左から
(西洋カボチャ) 
 みやこ
 ETかぼちゃ
 ダークホース

(日本カボチャ)
 黒皮

 坊ちゃん(西洋)


今回は品種ごとに蒸したものと、煮物の食べ比べをしました。
人によって感想は様々で、
調理方法や味付けでも評価が違うのは面白いですね。


八百屋さんの一言
 『日本カボチャと西洋カボチャを比べることはできないよ。
 それぞれに美味しい食べ方があって、
 日本カボチャは‘おだし’を効かせた料理じゃなくちゃ』


なるほど!!

蒸した日本カボチャは西洋に比べ水っぽく、瓜の味がしました。

私は日本カボチャ初体験だったので、
『こういう味なんだな-』と、かみ締めていたところ


講師の方の一言
 『今回の日本カボチャの味は忘れてください(笑)。
 ちょっと未熟だったので、ほんとはもっと美味しいんですよ』





えっ!?




今度は、おだしを効かせた、
おいしい日本かぼちゃを食べてみたいと思います

珍しいカボチャにも出会えました↓
DSCF0219_convert_20080707041145.jpg  DSCF0216_convert_20080707041239.jpg

野菜の学校 | trackback(0) | comment(4) |


<< back | TOP |

Calendar

<05 | 2017/06 | 07>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク



このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

プロフィール

yassai

Author:yassai
渡邉友美

千葉県生まれ。
2008年、埼玉県小川町の農家に弟子入り。
2010年4月、千葉県多古町にて新規就農しました。

「野菜が持つ不思議さや楽しさを伝えていきたい」
「ずっと地球と遊んでいたい」
という想いから、環境にも身体にも負担をかけない農法を目指しています。


自然を相手に接していると、自分が大切にしたいものが
見えてくる気がします。

好きな
 【食べ物】 
あずき、おから、
だんご、かぼちゃの煮物
 
 【映画】
トイ・ストーリー
ライフ・イズ・ビューティフル
 
 【場所】
海、芝生の上
 
 【イベント】
○○パーティ・大会・祭りと名のつくもの
      

一言

素材のおいしさを
さらに引き出すため、
料理も頑張ります!       

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。